November 16, 2018
  • RSS
  • Delicious
  • Digg
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin

神奈川韓国商工会議所ウェブサイトへようこそ!

  • 韓国史特別講座・神奈川韓商教室のご案内:韓国史特別講座・神奈川韓商教室のご案内 神奈川韓国綜合教育院による『韓国史特別講座』が神奈川韓商会館4階会議室に於いて毎月開催され好評を博しています。(全8回) これからの講義予定  第6回 10月16日(火)18:30から90分間            「統一新羅と渤海」  第7回 11月13日(火)18:30から90分間            「高麗時代」  第8回 12月11日(火)18:30から90分間            「朝鮮時代」       (最終回後に修了式を行います) 途中からでもご参加可能ですので、初めて参加される方は事前にご一報ください。 (事務局TEL 045-261-2525)[gallery link="file" columns="1" size="large" ids="2931"]
  • 神奈川韓国商工会議所 第59回 ゴルフ大会のご案内: 神奈川韓商では、恒例の神奈川韓商第58回ゴルフ大会を下記の如く、加茂ゴルフクラブ(千葉県市原市)において、開催いたします。  参加資格は、神奈川韓商の会員と役員、関連する機関・組織団体・法人の皆様と、その同伴者となります。(フリーのオープン参加式ではございません。)    皆様におかれましては、公私共にご多忙の事とは存じますが、組織活性化と親睦交流促進のために、お誘い併せの上、ご参加ください。 こちらのアイコンをクリックして参加申込み資料をダウンロードしてください! [embed]http://kanagawakcci.org/wp-content/uploads/2018/09/53-07-03GOLF.pdf[/embed]
  • 神奈川韓商 ビジネス講演会 開催のご案内【終了しました】:神奈川韓商 ビジネス講演会 開催のご案内        時下 秋暑之候 神奈川韓国商工会議所会員ならびに関連各所の皆様におかれましては、益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。    今般当会議所では会員皆様の事業繁栄の糧となるべく講師を選定し、下記の如くビジネス講演会を開催する事となりました。   今回は牛丼吉野家のトップとして「ミスター牛丼」の異名を取り、数々の試練を乗り越えて来た、安部修仁㈱吉野家ホールディングス会長を講師にお招きします。  当日は商工人皆様にとって、必ずや有意義な時間となる事が期待されます。  公私共にご多忙の中、大変恐縮ではございますが、ぜひお誘いあわせの上多数ご出席をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。        - 記 -        日時:2018年 10月 12日 (金) 午後6時より                     (受付開始5時30分より)     場所:神奈川韓国会館 7階ホール       (横浜駅西口・民団県本部ビル)    講師:安部修仁(株式会社 吉野家ホールディングス 会長)    演題:経営危機からの脱却を語る・『逆境のリーダーシップ』    ◆入場無料 (但し申込必須です)  ◇参加希望者は別紙ご記入の上、お申し込みください    ◆会員の方、および関係者であれば、どなたでも参加できます   (関連機関の方々も同様です。※複数可) 詳しくは、以下の資料をダウンロードしてお申込みくださいませ↓↓↓ ダウンロードはこちらをクリック
  • 飲食業の神! 企業復活の神! 吉野家ホールディングス安部修仁 会長 無料講演会開催!(10月12日):飲食業の神! 企業復活の神!吉野家ホールディングス安部修仁 前会長ビジネス講演会 開催のご案内            当商工会議所では地域中小事業者の皆様の事業繁栄の糧となるべく講師を選定し、下記の如くビジネス講演会を開催する事となりました。   今回は牛丼の吉野家のトップとして「ミスター牛丼」の異名を取り、数々の試練を乗り越えて来た、安部修仁(株)吉野家ホールディングス前会長を講師にお招きします。  疲弊してどん底に落ちた牛丼の吉野家の奇跡の復活を主導した吉野家「中興の祖」。吉野家ホールディングスをひきいた安部修仁 会長は、高校卒業後、プロのミュージシャンを目指して上京、バンド活動の傍ら、吉野家のアルバイトとしてキャリアをスタート。アルバイトからトップに上り詰めた叩き上げの経営者として知られています。  1980年、吉野家の再建を主導し、92年に42歳の若さで社長に就任。在職中はBSE問題、牛丼戦争と呼ばれる熾烈な競争を社員の先頭に立って戦い抜き、元祖牛丼店である「吉野家の灯り」を守り、発展させてきました。2014年5月に吉野家ホールディングスの代表取締役を退任。若い後進に道を譲りました。この緻密かつ大胆な勇退劇は後継者不足に悩む企業経営者たちに大きな衝撃を与えました。現在は若い世代に自身の経験を伝えるため、精力的に活動しています。  当日は飲食業経営者や経営幹部の育成という課題を抱えられた経営者や、これからビジネスに臨む若い世代にとって、必ずや有意義な時間となる事が期待されます。  当商工会議所では、社会活動の一環として、地域の経営者の皆様に無料で参加を受け付けております。(ただし、事前の申し込み受付が必要です。)  ぜひお誘いあわせの上多数ご出席をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。        - 記 -        日時:2018年 10月 12日 (金) 午後6時より                     (受付開始5時30分より)     場所:神奈川韓国会館 7階ホール       (横浜駅西口より徒歩7分・神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目10−1 ミンダンビル7階)    講師:安部修仁(株式会社 吉野家ホールディングス 前会長)    演題:経営危機からの脱却を語る・『逆境のリーダーシップ』    ◆入場無料 (但し申込必須です。業種、年齢、国籍を問いません。)  ◇参加希望者は以下の申し込みフォームからお申し込みください  ◇ご質問などは以下の事務局にお気軽にお問合せ下さいませ。    神奈川韓国商工会議所 ビジネス講演会事務局 電話: 045-261-2525    ◆事前の参加申し込みで、どなたでも参加できます  ビジネス講演会無料参加申し込みフォーム [contact-form-7 id="46" title="コンタクトフォーム 1"]   安部修仁会長の本
  • 恒例となりました 第8回 納涼交流会を開催いたします!【終了しました】:告知:第8回納涼交流会を開催いたします。 納涼交流会は、2世3世同胞商工人の交流会です。 対象は神奈川韓商・青商の会員役員の皆様とその関係者やお知り合いの方々、ならびに関連機関の方々です。 参加ご希望の方は、以下の別紙をダウンロードしてご参照の上、お申し込みください。(参加には申込が必ず必要となります。) ご案内と申込書はここをクリックしてダウンロードしてください [embed]http://kanagawakcci.org/wp-content/uploads/2018/08/53-02-03_Nouryokai.pdf[/embed]
Home » 告知 » 恒例となりました 第8回 納涼交流会を開催いたします!【終了しました】

神奈川韓商ビジネスハングル教室の講師を務めた白香夏先生が翻訳した韓国のベストセラー小説「ワンドゥギ」が日本で刊行されました。
ぜひ、お手にとってください。

ご購入の際はこちらのオンライン書店から⇒

白香夏先生の「ワンドゥギ」発刊に寄せた想いを以下、掲載いたします。

翻訳家 白香夏(ぺく・ひゃんは)の想い
「ワンドゥギ」発刊に寄せて

 私には小学6年生を筆頭に3人の姪っ子がいる。
 大好きな姪っ子達が大きくなるにつれ、叔母として密かに心を砕いていることがある。日本人とのダブルとして生まれたこの子たちが自分の祖国に「出会った」時、祖国の何に、どんな風に、触れるだろうかということ。姪っ子が生まれた瞬間から、私はずっとその思いを抱いてきた。
 日本で生まれ、当たり前のように日本の名前を名乗り、父親のルーツですらほとんど意識することのない環境に暮らす、在日4世の姪っ子。
 この最愛の姪っ子達に叔母としてささやかにできることといえば、祖国のいいものを、楽しいものを、美しいものを、心が強くなれるものを、翻訳して提供してあげること。それしかないと思った。
 姪っ子は本の虫で、小学4年生頃から既に親の本棚にある小説を片っ端から読み始めていた。叔母としては子どもには早いのではないかと思うが、特に東野圭吾が好きなのだそうだ。
 本が大好きな姪っ子に、私は「韓国にもこんなに面白い小説があるんだよ」と紹介してあげたい。紹介し続けてあげたい。姪っ子と同様、在日の友人の子どもたちにもいい物を届けてあげたい。本を通じて、韓国のいい部分に触れて欲しい。それがすぐに何かの役に立たなくてもいい。そもそも役に立たないかもしれない。でも私が子どもの頃は、本好きな私は韓国の小説など、全く読んだことがなかったのだ。
 本が想像力を育て、時には心の隠れ家としても働く瞬間が、人にはある。そんな時、あまたある外国の翻訳小説のうちに祖国のものもあったならどうだっただろうという思いがある。
 本好きの姪っ子に、私は真っ先にこの本を送った。私にできることは、傍にそっと置いてあげるだけ。でもきっといつかは、この本の感想を聞かせてくれるだろうと思っている。

 とても個人的な動機だが、これが私が『ワンドゥギ』をどうしても翻訳したかった理由である。韓国の少年少女たちが発刊以来ずっと読み続けている本。教師たちが、その親たちが読み続けている本。隣りにいる友人の話であり、もしかしたら自分の物語でもありうるこのワンドゥギの物語は、韓半島にルーツを持つ青少年のみならず、韓国文化に興味を持っている若い日本の人々にも、韓国の若者と同じものを共有しうるひとつのいいツールになると信じている。
 私はこれからもとても個人的な動機を秘めながら、心からいいと思う韓国のものを紹介し続けられればと願っている。

白香夏

カテゴリ: 協力告知