February 28, 2021
  • RSS
  • Delicious
  • Digg
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin

神奈川韓国商工会議所ウェブサイトへようこそ!

  • 가나가와현 긴급사태선언의 연장 및 코로나협력금 제5탄절차와 제6탄안내:  시하 춘한의절에 가나가와한국상공회의소회원 여러분의 건승하심을 앙축하옵니다.  신형 코로나바이러스 감염방지를 목적으로 하는 가나가와현의 긴급사태선언은2월8일부터 한달동안 연장되었습니다. (외출자제.음식점영업시간단축.자택근무추진)  가나가와한국상공회의소홈폐이지【https://www.kanagawakcci.org/】에서 각종정보를 (긴급사태내용 및 협조금,지원등) 참조할수 있습니다.  또한 가나가와현청부터 코로나바이러스감염확대방지 협력금 제5탄의 신청수속과 제6탄의 개략이 발표되었으며 안내드리겠습니다. 상세내용은 ...
  • 神奈川県緊急事態宣言の延長と協力金第5弾手続きと第6弾開始のご案内: 時下春寒之候 毎々格別のご協力をたまわり、誠にありがとうございます。  新型コロナウィルス感染抑止を目的とする神奈川県の緊急事態宣言が、2021年2月8日より延長されました。(外出自粛・飲食店時短要請・テレワーク推進他)   当会議所ではホームページ【 https://www.kanagawakcci.org/ 】に神奈川県が推進する事業者支援の情報画面ならびに、緊急事態宣言の概要説明などをハングル版と併せて掲載しておりますので、ぜひご活用ください。   また、神奈川県よりコロナウィルス感染拡大防止協力金第5弾申請手続きと、第6弾の概略が発表されましたので、別紙の如くご案内いたします。  詳細は県庁HP【 https://www.pref.kanagawa.jp/ 】を参照して下さい。  【留意事項】 ◆第5弾(1/12~2/7迄協力)の申請手続きは、3月5日までです。  ◆第6弾の対象期間は、2月8日から3月7日までです。 ◇第6弾では県の『感染防止対策取組書』または、市町村の『感染防止対策にかかるステッカー』の掲示が必要です。 神奈川県コロナウイルス感染症 拡大防止協力金 ◆ 第5弾 ◆要請期間 1月12日(火)~2月7日(日)対象地域 神奈川県内全域対象施設 食品衛生法に基づく飲食店営業または喫茶店営業の許可を受けた店舗要請内容 5時から20時の時間短縮営業     【酒類提供は11~19時迄】協 力 金 1店舗最大162万円申請期間 2月8日(月)~3月5日(金)  申請方法と申請用紙(冊子を参照) 郵送 県のホームページからダウンロード (または添付の用紙をご利用下さい) 電子 県のホームページよりアクセス  郵送先 〒135-0063 東京都江東区有明   3-7-26有明フロンティアビルA棟5階   神奈川県新型コロナウィルス感染症   拡大防止協力金(第5弾)事務局宛  問合せ先 協力金第5弾コールセンター       0570-055-200◆ 第6弾 ◆要請期間 令和3年2月8日(月)~3月7日(日)対象地域 神奈川県内全域対象施設 食品衛生法に基づく飲食店営業・喫茶店営業許可を有する店舗要請内容 5時から20時迄の時間短縮営業    (酒類提供は11時から19時迄)協 力 金 1店舗最大 168万円  (1日6万円。ただし、3月7日まで  連続して時短営業をする事が必要です)※新たに「感染防止対策取組書」か「感染防止にかかるステッカー」掲示が必要です※申請用紙と期間は後日決定します問合せ先 045-285-0725詳細については、神奈川県庁ホームページ【https://www.pref.kanagawa.jp/】から、申請方法が仔細に掲載された当該サイトをご参照ください。神奈川県コロナウイルス感染症 拡大防止協力金 第5弾 および 第6弾
  • 음식점의 시간 단축 영업 등에 의해 영향을 받은 사업자들에 일시금을 지급합니다: 비상 사태 선언 재 발령에 의해 영향을 받은 사업자 여러분께 음식점의 시간 단축 영업 등에 의해 영향을 받은 사업자들에 일시금을 지급합니다 대상 비상 사태 선언으로 인한 음식점의 시간 단축 영업이나 불필요한 외출 · ...
  • 소득세 (및 소비세) 확정신고 상담개최안내: 가나가와한국상공회의소에 있어서는 하기와 같이 소득세(및 소비세)확정신고 상담회를 개최합니다.   세무신고에 있어서는 여러분의 사업내용,작년의 수입과 경비의 자료가 필요합니다.  필히 하기의 필요서류를 준비하시다가 상공회의소로 오십시오. ◆기간 2021년 2월 10일 (수) ~ 3월 9일(화) 10:00~16:00  (위 기간의 토요일/일요일 및 공휴일 및 2/18,2/24,2/26,3/1을 제외한 평일에 개최합니다. ) ◆장소 가나가와한국상공회의소(神奈川韓国商工会議所) (요코하마시 나카구 와카바쵸 3-43-4 가나가와칸쇼회관 5층・전화 045-261-2525) ■川崎韓国商工会議所(川崎市川崎区浜町4-2-13川崎民団コミュニティセンター TEL:044-333-8749)でも確定申告相談を受け付けております。必ず事前にご連絡ください。 ◆필요서류: ・세무서가 발송한 소득세 또는 소비세의 신고서류、납입서.(그대로 ...
  • 所得税 消費税 確定申告 相談受付案内:  時下新春之候 当商工会議所では下記要領にて、令和2(2020)年分の所得税(及び消費税)の確定申告の相談受付を実施いたします。   税務申告相談にあたっては、事業内容、昨年分の収入と経費に関する資料が必要です。  下記の必要書類をご準備の上、おこしください。(資料不足によりご相談を受けられない場合がございますので、ご注意下さい。)   ◆期間 2021年 2月 10日 (水) ~ 3月 9日(火) 10:00~16:00  (上期間中の土日と公休日、ならびに2/18、2/24、2/26、3/1を除いた平日に限ります) ◆場所 神奈川韓国商工会議所にて (横浜市中区若葉町3丁目43-4神奈川韓商会館5F・℡ 045-261-2525) ■川崎韓国商工会議所(川崎市川崎区浜町4-2-13川崎民団コミュニティセンター TEL:044-333-8749)でも確定申告相談を受け付けております。必ず事前にご連絡ください。 ◆ご持参いただく必要書類 ・税務署から郵送されてきた所得税・消費税の申告用紙・納付書・税金関係書類・収入と支出の内容(売上と経費の帳簿、集計表・領収証や請求書)◆コロナ関連で時短休業協力金や持続化給付金、家賃支援給付金などを受け取った方は、売り上げに計上する必要が有ります。 支給通知または金額がわかる通帳などを必ず持参してください。◆本人確認証明書(免許証、マイナンバーカード、在留カード、パスポート等写真のあるもの)・国民健康保険(後期高齢者・介護保険)、国民年金の領収証または納付を証明する書類・生命保険・地震保険・長期損害保険の控除証明書・医療費(年間合計10万円以上の場合)の集計表または領収証・本人とご家族に給与所得のある方は、各人の源泉徴収票(アルバイト・パートを含む)・ふるさと納税をされた方は、寄付金受領証明書 ・年金収入や雑所得のある方は、支払証明・源泉徴収票 ・住宅控除の必要書類(住宅ローン年末残高証明書など)◆ご印鑑を必ずご持参下さい。 □はじめてお越しになる方、または、受付日時の指定が無い方は、コロナを憂慮し、密にならないよう配慮しておりますので、必ず事前にご連絡をお願いします。(電話045-261-2525)    □会員対象の相談受付なので、会員でない方は入会が必要です。(来会時で結構です)      □相続・譲渡・贈与・住宅控除・土地建物などの売買があった方や、特別なご事情のご相談がある方は、事前にご連絡ください。ご来会日時を調整させていただきます。    □経費の分類例表や集計表は、以下よりダウンロードしてご利用ください。(ハングル版もございます。)  ◆資料ダウンロード 資料1)令和3年WEB掲載用 年間合計集計表と申告者概要記載表ダウンロード 資料2)令和3年WEB掲載用 簡易帳簿 一般用(韓日・分類表ナシ)A3ダウンロード 資料3)令和3年WEB掲載用 簡易帳簿 飲食用(韓日・分類表有)A3ダウンロード 資料4)令和3年WEB掲載用 経費の分類例表 ハングルダウンロード 資料5)令和3年WEB掲載用 分類表 縦型 A4ダウンロード 神奈川韓国商工会議所 会長  河 泳 達  担当顧問税理士  李 富 鉄・松 田 勉・趙 英 斌
Home » 告知 » 所得税 消費税 確定申告 相談受付案内

비상 사태 선언 재 발령에 의해 영향을 받은 사업자 여러분께

음식점의 시간 단축 영업 등에 의해 영향을 받은 사업자들에 일시금을 지급합니다


대상

비상 사태 선언으로 인한 음식점의 시간 단축 영업이나 불필요한 외출 · 이동 자숙의 영향을 받아 매출이 감소한 중소 사업자들


요건

비상 사태 선언의 재 발령에 따라
① 비상 사태 선언 발령 지역의 음식점과 직간접 거래가 있는

(농산품 · 수산품, 음식료품 · 젓가락 · 물수건 등 음식업에 제공되는 재화와 서비스 공급사업자들을 상정하고 있습니다.)

또는

② 비상 사태 선언 발령 지역에서 불필요한 외출 · 이동 자숙에 의한 직접적 영향을 받아

(호텔등 관광 산업 관련 사업자, 관광 시설, 택시 사업자 등 사람들의 흐름 감소의 ​​영향을 받은 자를 상정하고 있습니다)

올해 1 ~ 3 월 중 월 매출이 전년 대비 (또는 대 전전년 대비) ▲ 50 % 이상 감소한 경우.


지급액

법인 최대 60 만엔

개인 사업자 등 최대 30 만엔

산출 방법 :
전년 (또는 전전 년) 1 ~ 3 월의 사업 수입 – (전년 (또는 전전 년) 동월 대비 ▲ 50% 이상인 한 달에 사업 수입 × 3)

신청 방법 등 자세한 내용은 정해지는대로 경제산업성 HP 등으로 알려드립니다.
(3월 초순에 전자 신청 접수 시작 예정)

경제산업성
중소기업청


カテゴリ: 告知